otyanomizu
◆「作者が語る最新ガイマンの魅力-ラウラ・ズッケリ『ガラスの剣』」
というイベントに行ってきました。御茶ノ水/明治大学リバティタワー
『ガイマン賞』(読者が選ぶ翻訳海外マンガアワード)というアンケート企画がありそのアピールの一環。
↓「ガイマン賞」
http://gaiman.jp/
・・・投票締め切り11月30日まで。
私、今年はあまり読んでいなくて投票できる状態ではないのですが、海外の漫画を読んでいる方はぜひ(因みに『ガラスの剣』は来年のノミネートとか)。
開催施設には、ノミネート作が読めるようになっているようですので覗いてみるのも良いかと思います。
・・・というような話があって、代表的な最近の海外マンガ作品?を紹介。

そして、ラウラ・ズッケリさんの『ガラスの剣』について、ドローイング(下書きから色付け)を見せながらどのように描いているか、その過程についてとか日本の漫画との違いなど興味ある話を聞いてきました。
(写真下/左からナビゲートの原 正人さん、通訳の方、絵を描くラウラ・ズッケリさん。写真右上が完成画)

明日も明後日もラウラ・ズッケリさんのイベントが続きます。
https://twitter.com/BD_kun
↑いつも作家さんが手に持っている緑色のベデくんは大友さんの「ヘンゼルとグレーテル」だったのか(^_^;)許可済。

※◆『ガイマン賞2015総まとめ(仮)』
◎場所/米沢嘉博記念図書館2階閲覧室
◎日時/2015年12月19日(土)16時から17時
◎料金/無料 ※会員登録料300円が別途必要。