るてんの日々--楽書館主宰水野流転の日記

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 250 | 251 | 252 || Next»
taikan
◆『近代日本漫画集』現代漫画大観⑩(中央美術社 昭和3年/1928)全10巻
明治の初めから、大正6年あたりまでの範囲の漫画的作品?を収録。
小林清親の「百面相」(画像/相撲見物)團々珍聞(まるまるちんぶん)掲載作品とか興味深かった(小林清親って風景版画に人じゃなかったっけ)。
ジョルジュ・ビゴー(画像/神戸は雨が降ればこの通り)とか、「ジャパンパンチ」のワーグマンの作品とか日本に影響を与えたフランス、イギリスのクリエーター、浅井忠やら、月岡芳年などひもといて紹介。

今では〈近代〉漫画大観と言える本ですけれど(^_^;)。マンガのルーツを見せてくれいることは確かです。

※ちなみに大空社というところから、復刻されているようです。
http://www.ozorasha.co.jp/s00761-1.html
odekake
怪しげな雲、やはりというか雨になった。
コンパクトな傘は持っていたけれど、樹の下に雨宿りの一服。
久しぶりに雨に降られたような・・・。
隅田川花火大会2017は開催してるのかな?

それらしい音が聞こえてきたけれど・・・。

ran
◆『コミック乱』9月号(リイド社2017 )
植木金矢さんの「異説 牡丹灯籠」。日本の怪談の中では「牡丹灯籠」が好きなので面白く読みました。目力があって良かった。この勢いで怪談もの続けて欲しい気が・・・。
※応募プレゼントの手形入りサイン色紙。さいとうたかさんというのは、ちょっと欲しい気がする。でも5人じゃ当たりそうもないなあ。

07/27: 吉田博 展

sinjyuku
吉田博展に行ってきました。新宿西口、高層ビル42階。
予備知識無しなので、版画はすべてかと思っていたけれどスケッチ、水彩、油絵などが半分くらいあった。絵を書き始めた頃のスケッチから晩年のの作品までに流れを網羅する展示会のようでした。旅先で描かれたスケッチとか、本人の自摺りの版画が良かった。近くで見て、大きい絵は遠目に2回ほど見て回ることをおすすめします。そうすれば見忘れる作品もないでしょう。
後期展示の作品だろう涼し気な「ナイヤガラ瀑布」のポストカードを購入。
機会があれば後期も行こう。

◆生誕140年「吉田博展」山と水の風景
◎【前期】〜7月30日(日)まで
 【後期】8月1日(火)~8月27日(日)
  ※午前10時-午後6時(入館は午後5時30分まで)
  ※休館日/月曜日
◎観覧料/一般:1,200円
◎新宿/東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
http://www.sjnk-museum.org/program/current/4778.html

〈追記〉
流れで収蔵品コーナーのゴッホの「ひまわり」も見られるんですが、吉田博さんのレンブラントの模写とかの展示もあってか、これも模写?と思ってしまった(^_^;)。これ教科書に載ってたやつだと子どもたち。
kubrick
今日はキューブリック監督のお誕生日ということで・・・(暑くなると見返す映画ですね)
◆『シャイニング』スタンリー・キューブリック監督(1980)
◎DVDスタンダードサイズ(143分)
◎DVDワイド(119分)メイキングのディスク付きの2枚組。
を見ることでふり返る。
メイキングは初めて見たけれど、かなり厳しく役者を追い込んでいたんですね。懐かしさ含め面白く見られました。

サイズや長さを比較されていると思いますが、トリミングされてもあまり内容的に印象は変わらないように思いました。全編見返したわけじゃないけれど、それぞれに計算されているような。新しいDVDの方(下)がクリアなので、演技に迫力がまして見えましたけれど・・・。

そういえば、原作小説のキングの「シャイニング」続編が出てたんですね。ちょっと読んでみたい。
gaiman
◆『The SANDMAN Overture(序章)①・③~⑥)』Neil Gaiman / J/H .Williams III (VERTIGO 2013~2015)原書。
全6冊?でコンプリできていないのが残念。合本がでてるみたいですけど翻訳本で読みたいですね。でも無理そうなビジュアルコミックで無理かなあ(10冊出てるという本編の「サンドマン」は5冊しか邦訳されていないようですし)。
知らなかったけれど「サンドマン」(ちゃんと読んでいない)のニール・ゲイマンという人は小説でも活躍してる人だったんですね(本来小説家?)。
ビジュアルのJ/H .Williams IIIという方も有名な方なんでしょうか。カラーリングや絵のコマ枠とか凝りに凝っていてイメージを広げていて面白い。
uitti
◆「リトルウィッチアカデミア展」
◎2017.07.20 – 08.01
◎中野/pixiv Zingaro
http://pixiv-zingaro.jp/exhibition/littlewitchacademia
展示されているパンチ付きの原画が盛りだくさん。コピーものも束でたくさん手にとって見られる。フルデジタルってわけじゃないんですね。このアニメ可愛い絵で好みなんですけれど(劇場版見てないけど)、最近のアニメのグレード高くなっていて動画等大変だろうなあと思う。
この展示の後は
◇「三輪士郎作品展 」2017.8.3 – 8.22

※中野ブロードウェイ4FのGallery「リトルハイ」では
今、◆「駕籠真太郎展」 ◎2017年7月22日~7月31日を開催中。
その後8月に入ったら・・・
◇「平松伸二展」◎ 2017年8月10日~8月21日
がありますね。
http://www.little-high.com/?post_type=tsch
tezuka
昔を振り返る気持ちもあって古本で購入。
◆『マンガ漫画の魅力』ヨシトミヤスオ(清山社1978)「マンガの魅力・漫画館シリーズ⑮」
ヨシトミさんは、コマもの等動物マンガで知られているかもしれません。京都精華短大(今の京都清華大学の前身)のマンガクラス(1973年ころ開設)を担当していた方なのかな。当時のマンガ全般的なお話と手塚治虫との対談がまとめられている。時代的なものでしょうか劇画も少女漫画も絵柄的に評価しないというアート系?の方のようで・・・その辺りがストレートに書かれていて面白い。
手塚治虫との対談では、ヨシトミさんが「漫画少年」に投稿して選者の手塚さんに評価されてマンガを描くに至ったのに、手塚さんは選評していなくで編集部が評価したものというのを聞いて、今言われても・・・とがっくりくる話(語ってもいないのに手塚名義になってること多々あったらしい)。手塚さんがマーベルのジム・リーと会った時の話(日本のマンガはおかしい→シリアスな内容なのにマンガっぽい絵なのが)とか、この頃即売会?とかもう話題になっていたのか自分たちで作品を発表し初めて、プロとアマの垣根がなくなるというようなことを言っていたりする。この対談どこかに収録されているのかなあ。
僕的には今(時代を踏まえて)読んでも面白い本だった。・・・。

07/23: 大暑2017

donten
何日も続いた真夏日ですが今日は一休み?
息抜きの一日。

07/22:

kouennji
商店街を歩いていたら、蝉が落ちていた。寿命がつきたか。コンクリの道路で潰されr津よりはいいだろうと手をかざせば指につかまる、植物のある所へ移動。手の中で小声でなく・・・。
まだこの辺りで蝉の声はあまり聞こえてこない。
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 250 | 251 | 252 || Next»
 
このサイトの画像の権利はすべて楽書館及び作者にあります。
無断使用転用改ざんを禁止します。