るてんの日々--楽書館主宰水野流転の日記

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 288 | 289 | 290 |...| 315 | 316 | 317 || Next»
st「スター・トレック ヴォイジャー」BOX
シーズン5~6(1998~2001)
夕方近くのコンビニに買い物に出かけたら小雨が降っていた。花粉症とかあるのででなくて良いならでないのだけれど。少々寒く曇ってはいたと思ったけれど雨が降っていたんだね。
DVDでスター・トレック『ヴォイジャー(シーズン5)』を見ていた(シーズン7が最終巻)。
買って随分たつけれどどこまで見たのか忘れてしまっている(途中はLDで持っていた)。適当にこのへんだろうと見始めるが、見たような見てないような(TV放送を少しは見ていたのでソレかも・・・最近は忘却が激しい)。まあナンにしろどの話も面白い。説明する必要もない作品ですけれど、辺境の宇宙へ飛ばされた宇宙船「ヴォイジャー」がはるか地球に戻ろうとするロードムービー。このシリーズには「ボーグ」という集合体生物が頻繁に出て来まして出色。まあそのボーグと人間のハイブリッド女性「セブン・オブ・ナイン」は最強で魅力的(人気回復のキャラでしたっけ)。彼女か登場してくるあたりからDVD買ってるという私です(笑)。今日は6話分ほど見ましたけれど見終わるまでに先は長い。面白い作品は見終わるのがもったいなくて少しずつ見たい気持ちもありますけれど。
touku
今日は寒かったですね。雨は微妙で傘を持ち歩いたんですけれど使わなかった。
●「COM」トークイベントの掲示板。
●高い高いということで、明治大学 駿河台キャンパス リバティタワー11階から東京の雨に煙るビル群を1枚。
上記の状態で『「COM」のコミュニケーション』というトークに行ってきた。
《まんがエリートのためのまんが専門誌》「COM」に執筆参加していた?斉藤次郎さん、真崎守(峠あかね)さんに聞く。お二人ともボクより年長の方たちなのでその時代を知るだけでも面白かった。
「漫画」表記に漫画でなくマンガでなくコミックでなく(目指す漫画の?)意味合いが近いと思ったひらがな「まんが」で統一したそうな。

03/17: 芽吹き

kaedeベニカエデ(アメリカハナノキ)
三寒四温と言い出しても暖かな日はまだ少ない印象だけれど、昨日は晴れわたり日差しの良いところなのでは赤いつぼみが目立ち始めてきた(二の橋・日向坂ベニカエデ並木)。
今日は雨らしい。
◆『珈琲時間』豊田徹也(講談社2009)
ちょっと前のコミックスですが、面白く読みました。 12pの短編(掌編)が17本。関連ある繋がるキャタクター・お話も有りますが個々のエピソード集。タイトルを見ただけで傑作だろうと思わせました。全体のバランスもよくまとまってるのですが、もっと読みたいと思いました。谷口ジロー氏を師事?してるようですが初期の大友克洋さんの作品が頭に浮かびました。あまり作品を発表されない方のようで前作「アンダーカレント」から4年後の新作だったようですが新作をもっと読みたい気にさせてくれました。
画像はカバー全部の画像を使わせて頂きました。
kitaku
中野北口再開発。もう、ビル建設は終わったかと思ったらまだ建つようですね。クレーンが並ぶ。
今日は、日中暖かでしたが、帰宅時は風も強く寒かった。
そのせいか夜空に雲のなく澄み切って星が思ったより沢山見えた。うちのカメラでは写りませんが・・・。
kawa
今日は、風も収まり過ごしやすかった、日向は。満点の青空もいいけど(ちょっと怖かったり)やはり雲らしい雲があったほうが気持ちいい。
(下の写真は川面に写った風景で上下逆にしてちょっと遊んでみました)

久しぶりにラジオから警告音が・・・地震だ!(21時05分ということです)千葉県東方沖(最大震度5強)、東京結構揺れました(ここは震度3かな?震度観測点情報によると中野区の中でも震度違うんだなあ)。

sun朝/(左)中野にて(右)麻布十番にて
昨日は1歩も外に出なかったので天候は知らないのだが今日は空一面真っ青であった。日差しは暖かいが風が冷たかった。
2日前の写真の星はひょっとして話題の金星と木星の接近なのかなあと思ったり。今日も霞んだ雲を通してぼんやり見えるほど明るい(明るいほうが金星?)
◆『ジュノ』(米2007)ジェイソン・ライトマン監督。アカデミー最優秀脚本賞。
16歳の女の子が妊娠してしまい養子縁組に奔走する家族らのドタバタ劇?。
ディアブロ・コディの脚本は跳ねてる感じでネットで情報を得てるだけあって今風で《日本では「ヘンタイ」と言って普通なんだ》とかいうセリフが出てきたりして(でも吹き替えで見たので「?」ではありますが)ま、間違いも多そうですけどフィクションですからね。
映画を見る選択に脚本賞であることを選ぶことも多いんですけど、前に紹介の「リトル・ミス・サンシャイン」と共に当たりでした。
映画紹介で見て面白そうだった『ヤング≒アダルト』(2011)もジェイソン・ライトマン監督とディアブロ・コディ脚本のコンビだった。見てみたい。
(追記)
「リトル・ミス・サンシャイン」も「ジュノ」も口コミで人気が出た映画だとか・・・それが一番信用できるよね。
3.11
曇りのち晴れ?夕6時ころ買い物に出かけたら雲のない空に星が輝いていた。カメラが悪いわけじゃなく数個しか見えないのが東京(このへん)。コレではイマジネーションは養われないなあ・・・とか思ったりした。
(追記)
2つの星が金星と木星だと思うと、何か感動するなー。
3.11
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 288 | 289 | 290 |...| 315 | 316 | 317 || Next»
 
このサイトの画像の権利はすべて楽書館及び作者にあります。
無断使用転用改ざんを禁止します。