るてんの日々--楽書館主宰水野流転の日記

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 277 | 278 | 279 |...| 302 | 303 | 304 || Next»
そうだ京都に行こう!
・・・って訳にはいかないのですが、良さ気な展示会。
miyawaki「螺旋階段」ギャルリー宮脇のパンフレット

◆『ハンス・クルージー 日本初個展 』(京都/ギャルリー宮脇にて公開中〜3月25日まで)
http://www.kyotodeasobo.com/art/art_gallery/miyawaki/hans-krusi/
fukkou
『あしたの碧空』ふくしま東北再生復興祈念チャリティー誌制作対策本部(佐藤元/ 永野のりこ2011)
チャリーティー本はたくさん出されたことと思います。どれも意味あるものと思います。この本も復興への思いを綴ったの1冊。漫画作品は少ないですけれど、ふくやまけいこさんの「年末の未来人」はグッと来ました。
佐藤元
http://riorio.chu.jp/comike/ganbappe.html
長野のりこ
http://naganoare.wordpress.com/
miruku
『怪盗ミルク』高橋葉介(早川書房2012)
「ミルクがねじを回す時」のミルクちゃんが再登場?ですか!と「ミステリマガジン」新連載時にときめいたものです(笑)。といって今回のミルクちゃんは別物らしいけど、女の子にエプロン・ドレスとミルクという名前でキャラが生きているのは昔の作品のインパクトが大きかったからでしょう。今回は何でも盗む怪盗さん。個々にひねった短編でライトでダークに楽しませてくれます。
◎「〈怪盗ミルク〉に盗んで欲しいもの」を考えて早川書房編集部「怪盗ミルクキャンペーン」に送ると優秀者にプレゼントがある(3月1日必着◆要・本の「帯」確認のこと)。盗んでくれるんじゃなくて葉介氏のサイン色紙が届くようですけど。
◎サインといえば2月11日(土)文教堂二子玉川店にてサイン会もあるようです(整理券配布中先着100名)。
http://www.bunkyodo.co.jp/c/event/yousuke2/yousuke2.htm
noto
『少年ノート①』鎌谷悠希(講談社2011)
②巻目を買ってから書きこもうと思ったけど・・・。
音楽物は人気を博すものが多いようですが僕は音楽系が苦手なんでカラオケにも行きません。これは合唱物でどんな音楽が奏でられているかわかりません。マンガでそれは無理かもしれませんがキャラクターでこれから合掌を作っていくんだろうなと楽しみにしています。凡庸な合唱部に才能ある歌い手が登場する、ギグシャクしながらも合掌を目指す第1章とも言えるまとまった本作りになってると思います。

01/01: 2012新年

h24
あけましておめでとうございます。
カテゴリー:るてんの日々
投稿者: ruten
1231
コミックマーケット81(楽書館は12月31日参加)東京ビッグサイトにて
楽書館のスペース【ユ33b】では新刊もなくバックナンバーの出品です。
他に、委託品も置きますのでよろしくお願いします。
◆CD『アイドル八犬伝 ホエホエトラックス』(2011)
http://nicnac.co.jp/hoehoe_records/index.html
近藤ゆたかさんがかかわっていたという、1989年に発売されたファミコンADVの新たな?CD化とか。
◆『出撃!地球防衛軍VOL.1」村田滋美(2011)
こちらは、「らくがき帖」に掲載された作品をまとめたものですが手に取ったことのない方はぜひお立ち寄り下さいませ。
girl
『寿司ガール①』安田弘之(新潮社2011)月刊コミック@バンチ連載中。
コロボックルもの?擬人化ものは流行りなんでしたっけね。かわいい、いとおしい、寿司ネタちゃん。癒しのマンガ。
tetyou
◆漫画の手帖62号(漫画の手帖事務局2011)
最新刊です。タコシェや模索舎に置いてある漫画中心のミニコミ誌?。1980年初の発行ということで31年、最近では年2册コミケ合わせで(というわけではないだろうが・・計算は合うが不定期発行。別冊も出ています)号を重ねている。
ここ数年、ページ数も執筆者も増えて勢いがある。驚くのは時代を超えて厚くなっても創刊当初と同じ値段の150円というのは・・・。
嵩にもならないしコミケ土産に買っていくことをお勧めします(笑)。

で、暮のコミケでは、12月31日(土曜日・大晦日)に出ます。「楽書館」は合同参加で「東地区 ユ-33b 」なので、その隣か近くで出品してると思います。
カテゴリー:るてんの日々
投稿者: ruten
mangahon
青木俊直の漫画本は650円。
◆『なすのちゃわんやき』(雑草社1985)同人誌に掲載した作品をまとめた短篇集。
◆『なのはなフラワーズ①』(芳文社2009)新米漫画家の青ちゃんと女子限定アパート「なのはな荘」の住人たちとの青春グラフィティ。2巻目を出してもらいたいものです。
◆『くるみのき!①』(新潮社2011)今日発売。着ぐるみ劇団に拉致?された地味なくるみちゃんの成長物語?(こうやってカバーを並べてみると「なのはな・・・」の青ちゃんとくるみちゃんは同一人物だね〜。スターシステム?〜笑)先を楽しみにしてます。
カテゴリー:るてんの日々
投稿者: ruten
gakkou
「龍の学校は山の上」九井諒子(イースト・プレス2011)
センス・オブ・ワンダーというか、《もしも》の世界を安定した画力とドラマで魅せてくれる短編集。初出がWEBやら同人誌ということらしく、自由度も高い。すばらしい。
カバー広げての画像ですけど紹介方法に問題ないですよね(カバーの下には4コマが隠れています)。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 277 | 278 | 279 |...| 302 | 303 | 304 || Next»
 
このサイトの画像の権利はすべて楽書館及び作者にあります。
無断使用転用改ざんを禁止します。