るてんの日々--楽書館主宰水野流転の日記

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 262 | 263 | 264 |...| 302 | 303 | 304 || Next»

07/13: CD買う2

cd
◆『KEEP EATING』TOM WAITS
1999年のライヴ録音。ライヴ映像が欲しいなあ。
◆『At The Moves』STING
映画への関連曲。知った曲が出てくると場面を思い出す・・・までにはいかなかった。

結局前と同じ組み合わせのミュージシャンのアルバムを買う。
tuyoshi
雲の流れが早い台風のような一日。雨は思ったより降らずどんよりとした空。湿度は90%以上?ひたすら体力を消耗・・・。明日も同じような日だそうだ。
九州の方は大変な状態のようだし、日本列島やられっぱなしだなあ・・・。
気弱のなっちゃいけないな・・・。
写真の飛んでるのはなんだかわかりませんが(鳥か葉っぱか?)、中央の点のようなのは飛行機(旅客機?)です。

07/11: 魚の群

nakano
中野駅北口線路沿いの壁画。どこかの学校の生徒が描いた魚の群。もう随分経つと思う(何十年?)。落書き防止だと思うけれど、かなり効果があったようだ。
ただ、すこし傷んできているようだ・・・。

07/10: 向日葵0710

tuyuma
今日もほぼ青空の暑い梅雨間。ひまわりが似合いそう。通勤途中に見かけたのですが他に紫陽花も満開。でも、暑すぎるのか色がくすんでいた。

07/09: 電線

sora
今日は日中青空でしたが、雲の多い夕刻になりました。
電線は面白いけれど、何か被写体の邪魔をする。それは建物にも言えるのだが、あの雲はいいでも電線がかかるとか、あの建物がなければ見事な夕焼けだろうに、とか・・高みに登って撮ればとか思ってもその意欲もないのだから情けないけどね。
pari公開中の吉祥寺バウスシアターとパンフ
◆『ミッドナイト・イン・パリ』ウディ・アレン監督(2011米)
タイムスリップものらしいということで見に行った。ウディ・アレンも久しぶりに見る。パリの観光映画といった感もあるけどそれがいいですね。パリに行きたくなる。
深夜0時に車に乗せられて降りたところは1920年のパリという演出で過去にすんなり移動(僕のようなタイムスリップ好きにはいかに移動するか興味のある処)。そして当時のパリで活躍する芸術家たちに出会う・・・。ボクもエコール・ド・パリに時代に立寄りたいなあと思ってた人なので楽しめました。軽い感じで見られます。オススメです。

07/08: 下元克巳

shimomoto
◆『青春の暴走』下元克巳(ヒロ書房・第一文庫1969)
推測ですが貸本雑誌『青春』とかに掲載されたものをまとめたもので、新書版サイズですけれども書店置きはされていないようで、貸本として、通販で売れれていた本のように思います。僕は貸本体験があっていい年齢なんですがかって田舎住まいだったので環境的に貸本を借りたことがない。実際本を買える時代になるともう、貸本は古本店に流れていた時代ではあったのだけれど。貸本の衰退により、週刊マンガ誌に描きては流れていくんですけれど(逆でもあり)、そこで下元さんの作品を読むことになるんですけれど、当時マンガ的な動きとか上手さでは特出してたと思います。切り抜きとか結構持っているのですが、内容的に今の人が楽しめるかどうかはわかりませんが、ぜひとも復刻して欲しい漫画家さんです。
◆『青春⑰』(第一プロダクション出版部・発行日?)
表紙はみやわき心太郎さんです。編集もみやわきさんが担当していて、この号では、作品を落として辰巳ヨシヒロさんがピンチヒッター。みやわきさんといえば、即売会でお会いした時に、今の即売会状況は昔の貸本時代に似ていると熱い状況に共感して、即売会に熱心に顔を出されていたのでしょうか。
そんなこんなで貸本時代に何か新しいものが見つからないかの興味を惹かれています。
kera
◆『グミ・チョコレート・パイン』ケラリーノ・サンドロヴィッチ監督(2007公開)
「青春小説の金字塔」と大槻ケンヂの原作をうたっていますが知りませんでした。原作小説は読んでいないのですが、漫画版は読んでいて面白かった(舞台が中央線沿線の80年代グラフィティで馴染みがあったのもある)ので見てみた。共感する等身大の内容で演出も面白くノスタルジー込みの青春映画でオススメの作品かな。このDVDのパッケージイラスト江口寿史さんですね。
◆『ピノキオ』ベン・シャープスティーン&ハミルトン・S・ラスケ監督(1940日本公開1952)プレミアム・エディション。
有名作品なので見てると思うんですが(TVとかで)、今回デジタル・リマスター版で見てみたら印象が違いましたね。ひょっとしたら見てなかったんではないかと思うほど新鮮でした。絵を楽しみながら飽きずにストーリーを終えました。実はディズニー作品は特別好きではないのですが(どちらかといえば実写ものの方が好き)、他のディズニー作品をデジタル・リマスター版で見てみたいと思った。(前にタルコフスキーの「ソラリス」をデジタル・リマスターで見た時も作品へののめり込み方が違った。)このDVDのおまけディスクの(全部見てはいないけど)未公開シーンとか面白かった。

07/07:

kouka
中野通りをまたぐ駅への高架通路。高架の先がホームにつながってる訳じゃありません。
北口改札からサンモール商店街まで屋根ができました。先ほどから雨が降り出しましたけれど、こんな日は便利。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 262 | 263 | 264 |...| 302 | 303 | 304 || Next»
 
このサイトの画像の権利はすべて楽書館及び作者にあります。
無断使用転用改ざんを禁止します。