るてんの日々--楽書館主宰水野流転の日記

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 251 | 252 | 253 |...| 299 | 300 | 301 || Next»
2
◆『バトルスター ギャラクティカ』シーズン②(2005~2006)
『漂流教室』と並行して壮絶なサバイバルストーリーを体験している。いやはや、でも面白い。
テレビシリーズのBOXは最近は値引きられた信じられない値段で購入できるものもある、この「ギャラクティカ」も見たかったドラマだけど高値で時期を待って中古でと探していた。今シーズン2までBlu-rayソフトが出てるせいでしょうね。遅ればせながらですが手頃な値段で購入できた(英語がわかれば輸入盤で安く購入する手もあるのでしょうが)。悲壮感漂う「ギャラクティカ」ですが自らつくり出した進化したロボットとの対決(親子対決?)しながら生き延びようと地球?まで旅をしようとする話。まあ重い話にはなりますよね。評判いいSFドラマなので特に言うこともないのですが、やはりマニアックな作品?で量産してないのかネットでBlu-rayの中古が定価の2倍くらいの値段になってました(廃盤?)。こんなことでは安く手に入れて次のシーズンが見られるのは何年後のことか・・。
(放映中の評価は高かったようですが、ドラマが完結した最終評価はどうだったんだろうな?と思うが、今は知らないほうがいいね。)
kyoushitu
最近、マンガ、ラノベの本の装丁がクール?とかで紹介されたりしてますね。きっとこの本も紹介されてるんことでしょう。
◆『漂流教室①〜③完結(楳図パーフェクション!)』楳図かずお(小学館2007)初出は1972〜1974)
※ブックデザイン◎祖父江慎+吉岡秀典(コズフィッシュ)
★小口の部分にイラストの印刷。作品部分の内容に合わせて紙の色変え等、凝りまくり。
作品の方はまだ1巻しか読んでいないけれど、容赦ない内容。古びてないですね〜、
カテゴリー:るてんの日々
投稿者: ruten
yuuyake夕6時ころ
雨で涼しくなった夕刻。雨も止み雲間に青空が見えたと思ったらオレンジ色に雲が色づく。数分で、色は消え灰色の雲に覆われていった。
karahashiリフトの壁のポスター/販売のミニ絵本(+post card+シール)
◆唐橋充展 「Mono Klow -モノ・クロウ」
http://tokyo-village.net/
●会期〜明日6日(木)PM8時まで。
●場所〜新宿/BEAMS JAPAN 6F〈B-ギャラリー〉
http://www.tokyoartbeat.com/event/2012/6095
※見て来ました。会場展示は作者が福島出身ということで、想いのつまった展示の仕方で面白かったです。明日までですけれど近くにお出かけの方は覗いて見ることをおすすめします。
9-4
部屋は高温でしたが、外に出れば、暑さもひいて雲は多いがさわやかな空模様。
帰宅時にはカミナリが鳴り、びしょ濡れでした、
水源地には水が降らず、節水がうたわれ始めましたが、台風だよりというのもつらいところですね、日本。
mukoubi
◆『うみのと第19話(完結)』向日 葵(パルス出版部2012自費出版)
毎話、20〜30pのコピー誌ですが、主に「コミティア」合わせで5年近くの歳月をかけて完成させた全19冊。しかし、バックナンバーは部屋の中で四散してまして、すぐには通して読めません。全体の評価のところはまたいずれ(謝)。ただ、興味を持ち続けられたのは傑作の証だと思いますよ。同人誌は意志さえあれば時間をかけても作品を発表し創作意欲を持ち続けられる場である即売会が効果的にあらわれた例でしょうか。
《パルス出版部》http://www008.upp.so-net.ne.jp/pulse/
101
午後、同人誌即売会「コミティア101」に一般で入場してきました。いつも、サークルで入場しているので気にならなかったけれど、入場口、地味なんですね(今回だけ?)。まあ向かいの賑やかなAKBの握手会イベントもこれといった掲示ポスターとかなかったですけど。
2枚目は、逆光だから、ちょっと不気味に。
3枚目は、閉会後、なかなかの雲模様で結構皆さん写真をとってました。
雨も時たま強く降って、涼しくはなってきていますね・・・。
miyazaki
◆『風の谷のナウシカ①〜⑦完結』宮崎駿(1982〜1995)
今更ですが、ラジオで震災後読むと違う見方で読めるよと、言っている方がいたので読み返しました。1冊のページ数は少ないのですが掲載誌「アニメージュ」が大きなサイズだったので、1pのコマ数は多く絵で見せていくマンガなのに読み応え充分。今なら1pが2p分の分量だろう。だからでしょう。このサイズより小さい版では出版されていない(これよりおおきい「アニメージュ」サイズで出てるんでしたっけね?)。このサイズのみとおいうのはほかには大友さんの「アキラ」くらいか。マンガは大きいサイズのほうが効果的だと思うが、と入ってもこの作品1p1コマとか見開きとかまったくなく、画面構成としては、節約型?でもっと効果的な見せ方もあったのではと思うが、そんな奇をてらった方法は無用だったんでしょうか。
知らない人はいないかと思いますがアニメとは随分違う話なので読んだことのない方はオススメです。今も手軽に手に入ると思います。何年ぶりにか読み返しましたが(アニメは何度も見てるんですけど)、掲載誌「アニメ頃のことを思い出します。
muun
ひと月に2回満月が見られると、ブルームーンというらしい。
夕方のでかくみえる月の出ではオレンジでしたけれど・・・。
kodomo
◆『海獣の子供①〜⑤完結』五十嵐大介(小学館2007〜2012)
お話は今ひとつピンとこなかったんですけれど、絵は素晴らしいですね。絵に見惚れて話に集中できないからでしょうか・・・。イラスト集が出たみたいですね。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 251 | 252 | 253 |...| 299 | 300 | 301 || Next»
 
このサイトの画像の権利はすべて楽書館及び作者にあります。
無断使用転用改ざんを禁止します。