るてんの日々--楽書館主宰水野流転の日記

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 233 | 234 | 235 |...| 245 | 246 | 247 || Next»
ten
上田トシコ先生 追悼展
〜9月7日まで(※月曜日休館)
杉並アニメーションミュージアムにて
http://www.sam.or.jp/event.php
(イベント情報を下の方にスクロール)

◆ネットをのぞいていたら、偶然、この展示会がひっかかって、行ってみることにしました。今年の3月、90歳で亡くなられた上田トシコさんについてまったくといっていいほど情報を知らないのですが、「フイチンさん」やら「お初っちゃん」は昔読んでいて作品や絵は知っている。会場の杉並アニメーションミュージアムは初めて行きましたがなれていないので、「フイチンさん」(2003)のアニメ上映には間に合いませんでした。だいたいアニメが作られていることさえ知らなかった。展示は年表とか50名程の方が描いた上田さんへのメッセージ色紙が並んでいました。印刷された作品や本の展示、興味深い上田トシコさんの89歳の誕生日を祝う会のプライベートビデオが流されていました。後は「フイチンさん」のアニメにからんだ設定ものとか、上映会の時に作られたであろう、「アニメbook」とか「フイチンさん」の抜粋マンガ本とか、アニメ「フイチンさん」のDVDとか売られていました。油絵だったか、20代前半の頃の自画像もありまして(うまい!)印象に残りました。アニメミュージアムということで、マンガの原画展示はひかえていたようで個人的にはちょっと残念かなと思いましたが・・・。
この日「上田トシコ先生の思いで」と題したトークショーがあって、運良くキャンセル待ちで、聞くことが出来ました。ちばてつやさん、わたなべまさこさん、田村セツコさん、司会の鈴木伸一さん(このミュージアムの館長)というメンバー。背が高くモダンで、日本人離れした、大陸育ちのリンとした性格、ものいいに厳しい方、女性(漫画家)の地位向上につとめていた先駆的でリーダー的な立場にいた方のようです。御本人にすごく魅力的な印象を受け興味が深まるばかりでした。90歳までマンガを描いていて生涯漫画家と言われてるようですが、頑張らねばよ思わされてしまいます。
このトークショーに客席にいた、当時マンガ「フイチンさん」の担当してた方とか、水野英子さん、竹宮恵子さん、バロン吉元さんなど沢山の方の上田さんにまつわるお話も聞けました。
帰りに見られなかったアニメ「フイチンさん」のDVDを買って先ほど見終わった所です。あにまる屋という制作会社が作った自主映画で本業の合間にこつこつと1年半かけて作られたそうです。、子ども向けに作られた作品ですが面白く見ることが出来ました。

あと、1週間ほど開催してるのでお近くのかたは、のぞいてみるとよろしいかと。「フイチンさん」のアニメ上映も期間中にまだあると思いますし・・・。
他にこのミュージアムでは、横山隆一手塚治虫二人展というのも開催してて、数点ですが鉄腕アトムのアニメの下絵?石ノ森さんや藤子さんなど展示もあって興味深かったです。

上田さんの師匠にあたる松本かつぢさんのギャラリーが二子玉川の方にあるとかでちょっと行ってみたい気になりました。
カテゴリー:るてんの日々
投稿者: ruten
hatumi
遅ればせながらも報告です。
最終日(7月27日[日])に展示のある群馬県渋川まで行ってきました。
前に上野から、高崎線コースを書きましたが、別のルートがあると駅員さんに言われ、それを利用。中野から新宿、新宿から湘南新宿ラインで高崎線に乗り入れ籠原から高崎へ。高崎から上越線(乗り入れ?の吾妻線でしたが)で渋川駅まで、各駅止まりだったので2時間半くらいかかりました。乗客も少なくのんびりしたものでした。この日の前日、前々日と「渋川へそ祭り」(日本の中心ということらしい)があったと知り見られずちょっと残念。
会場の渋川美術館は桑原巨守彫刻美術館と併設?されています。
桑原巨守と言う方の常設展(主にブロンズ)が1階で開催されていてついでに見てきました。良かった。
千明さんの展示は2階の市民ギャラリーでフロアーの半分を使っての展示(小さなギャラリー2つ分くらいの広さでフロアの半分は「渋川へそ祭り25年の歩み」を展示)。
2区画で壁面のまんが原稿はパネルに2pと4pの構成で1列に展示。パネル45点程。
展示作品は「雪の夜の物語」(1970)※デビュー作、「いちじくの恋」(1976)、「お二階は診察室」(1979)、「くわの実」(1980)合わせて150p程の原画展示。
どういった基準で選ばれていたのかは解りませんが、2色彩色ものが含まれている作品もありそれが選んだ理由かも。ただ、2色彩色ものにはトレペがかけてあり直接に原画が見られなかったのは残念でした。これはトレペに写植ネームが貼ってあり、お話を読んでもらうための理由だと思いました。薄めの単行本くらいのページ量なのでじっくり読めば随分楽しめる展示会だったと思います。
まんが原稿とは別に以前地元の書店で原画展をされたことがあったそうで、その時のカラーイラストが数点ほど。
他に掲載誌と単行本(人物伝もの)など展示されておりました。ぬりえのぺーパーや千明さん紹介ペーパー(作品リスト付き)など置かれてました。
シンプルな展示でしたが、規模的に満足出来る展示だったと思います。
これまで出されてる3册?あるオリジナル作品の新書判作品集は絶版になっているということで復刻(復刊)が待たれることですが、出来るなら、新書判でなく大判で新たに、未単行本含めてどこかで出版していただきたいものです。
展示会については都心の方でも開催していただきたいとわがままながら思いました。千明さんはとにかく絵の上手い方なので原画を見る価値大であります。

夕方、嵐に見舞われながらスリリングに無事帰宅しました。
カテゴリー:るてんの日々
投稿者: ruten
gengatenチラシより
もう始まってますけれど・・・。以下渋川市のサイトより

千明初美まんが原画展
1970年から活躍している漫画家、千明初美さん(吹屋)の懐かしくて優しい漫画作品の原画を展示します。

◆とき 7月11日(金)〜27日(日)午前10時〜午後6時(火曜日は除く)
◆ところ 渋川市美術館3階市民ギャラリー(TEL 0279-25-3215)

◆入場料 無料

・・・ということで、どれくらいの規模かわかりませんが、千明さんの原画が見られるのは嬉しくもあり貴重なことであります。私はスケジュール的にちょっと行けませんが・・・うう。
kanameラサ
OVAのはしりとなった作品「BIRTH(バース)」(1984年)のラサのフィギュア。
DVDとフィギュアのBOX仕様のものですが、アニメは懐かしかった。アクションの連続で動きを中心にしたアニメで、動かすぞーという当時の熱意を感じました。おまけのメイキングもセルアニメの制作過程の紹介で、時代を感じて面白かったです。音楽が久石譲さんだったんですねー。

そうそう、「楽書帖」の新刊15冊目「“くわのみの巻”が完成しました。
通販やってますので、メニュー“問い合わせ”からよろしくお願いします。
asukaプライズもの。
また、買ってしまった(笑)。
okamaさんイメージイラストによる「エヴァ」アスカの魔女っ子コスチューム?もの。レイのバージョンもある。でも、似てない。









reinプライズ商品「Gガンダム」レイン
「ガンダムOO」終わりました。キャラがのきなみ死んでいくなあと思ってたら1年放送じゃなかったんですね(半年2クール?)。でもこの長さはちょうどいいかも。一日で見られる時間感覚。マンガもそうですが長編は苦手になりつつあります。海外ドラマも面白そうなものが多いのですが、シーズンが延々と続いて。良く出来ていて見たいんですけど今では追っかけるのしんどいですね。

ガンダムは「Gガンダム」が好きでしたねー。
フィギュアに限らずですが、買いだすと次から次へと買いたくなってヤバイですね。また買ってしまった(画像)。
最近は嬉し恥ずかし美少女フィギュア系に興味持ってるんですが(笑)、よく出来てますものねー。でも、最近の美少女キャラを知らなくって、知ってるものしか買わないのでお金使わなくてすんでますけど。
カテゴリー:るてんの日々
投稿者: ruten
batoruバンダイ
見たことないキングジョーのソフビを売っていたので買った。
「ウルトラギャラクシー大怪獣バトル」に登場する「キングジョーブラック」らしい。BSで放送しているらしく知りませんでした。黒に金・銀色を使った彩色はなかなかしぶくてグッドです。
最近はめったにおもちゃ買わなくなりました。久しぶり。

《ちょっとうれしい》というのは、壊れてしまって物色していたデジカメが実はつなぎ方のミスで実は壊れていなかった。とかプリンターの取り換えたばかりの黒色インクが印字されない、買い替えなければと探していたらOS9のプリンターなんて売っていない状況でOSーXの環境にしなくちゃいけないのか、出費が大変だなあ、とか渋っていたら突然インクがでるようになった。嬉しい・・・といったたわいのないものです(笑)。
まあ、OS9じゃ動画とか見られないものが多くなったしMacでは無料配信してるらしい「ウルトラギャラクシー大怪獣バトル」も見られないようだし。環境変えたい気持ちもないことはないけれど・・・時間がとれないし(テレビではどっさり春の新番組の記事が)、見られない環境もそれはそれで正解かも。
とういうことで、ささやかな喜びを感じながら今は物持ち良く物と付きあっていければと思います。うーん、これじゃテンション上らないなあ。
カテゴリー:るてんの日々
投稿者: ruten
なんか勢いづいてて、マンガ系評論系です。
◆中野晴行「マンガ産業論」(筑摩書房・2004)
面白かったです。60年代から2004年の発行日あたりまでのマンガ産業の浮き沈みを懐かしく読みました。中野さんもほぼ同世代なので体験的に特によくわかります。

◆パトリック・マシアス「オタク・イン・USA--愛と誤解のAnime輸入史」(
太田出版・2006)
とこちょこ、立ち読みしてた本なんですが、海外で日本のアニメがどうとらえられているか興味があったもので・・・。

◆「ユリイカ・マンガ批評の最前線」(青土社・2006)
マンガ評論物って、あまり読んでなくって(状況論には興味があったけど)、まあ、こういうのを読むのは僕的にマンガをなぜ読めなくなったかを解明したいからですけど・・・。
この本は2年前のものですが最近の「ユリイカ」はマンガ関係の特集本増えてますね。
誠文堂新光社から「コミックス・ドロウイング No.1」とか「アニメーションノート」とかもででて、ちょっと食指が動いた。
カテゴリー:るてんの日々
投稿者: ruten
◆日日日(あきら)「ピーターパン・エンドロール」(新風舎文庫)
時代物を探している合間に読みました。名前で気になっていて買いました(笑)。自閉症・妄想少女の話?。ミステリーといっていいんでしょうか、なんか懐かしいネタという印象でしたが飽きずにすいすい読めました。他の作品も読んでみたい気がしますがさて・・・。

◆米村圭伍「面影小町伝」(新潮文庫)
◆北原亞以子「傷〜慶次郎縁側日記」(新潮文庫)
戸部新十郎さんを探してみたんですが、見つからず適当に買ってみました。「面影小町伝」は畠中 恵さんが解説を書いていたので買ってみました。忍とかくノ一とか出てきて楽しめるかも・・・。
カテゴリー:るてんの日々
投稿者: ruten
マンガ評論もの読んでます。
◆夏目房之介「マンガ学への挑戦〜進化する批評地図」(NTT出版・2004)
1985年の「夏目房之助の漫画学〜マンガでマンガを読む」に比べるとちょっとかたいです。マンガは誰のものか?描き手か、読者か?・・・あたりが面白かったです。

◆四方田犬彦「漫画原論」(筑摩書房・1994)
四方田さんが米沢さん中島梓さんと同い年、夏目さんは少しお兄さんで、ということを知りまして急に読んでみたくなった。僕も同世代ですからねー。

◆米沢嘉博「売れるマンガ、記憶に残るマンガ」(メディアファクトリー・2007)
この本は、1999年から2006年までの「コミックフラッパー」に載ったコラム集。

同世代がどうだこうだといっても今のマンガが読めない理由は見えてこないだろうし。若い?伊藤剛(いとうごう)さんの「テヅカ・イズ・デッド」も早く読みたいんですけどね。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 233 | 234 | 235 |...| 245 | 246 | 247 || Next»
 
このサイトの画像の権利はすべて楽書館及び作者にあります。
無断使用転用改ざんを禁止します。