るてんの日々--楽書館主宰水野流転の日記

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 257 | 258 | 259 || Next»
sibuya
同じく、昨日。
◆「怪獣絵師 開田裕治のウルトラマンズ・ギャラリー」にも寄る。
◎渋谷/タワーレコード
http://tower.jp/article/news/2017/09/13/n101
この迫力の絵見たさに行ってきました。でもちょっと違って、今回の展示用の入り口のディスプレイ(それともありもの?)。近年デジタルで描かれているんですよね。展示の色塗りものは、LDとかの馴染みのジャケット絵。これからは、原画で見られるわけじゃないんだなぁ・・・と。
新し目の絵はディスプレイでスライドショー。知らない絵が多く楽しめましたけれど。
画像の絵のグッズなにかあればと思ったけれどなかったような。
カテゴリー:るてんの日々
投稿者: ruten
simomaruko
昨日、「昭和のくらし博物館」へ。
◆「高野文子の描く 昭和の子供原画展」
案内図には下丸子駅(多摩川線)からと久が原駅(池上線※)から行くのが良いということですが、
下丸子から向かう。
 ※「開通90周年記念イベント」の一環として、10月9日(月/祭)五反田と蒲田を結ぶ池上線を誰でも終日乗り放題だそうですよ(1日フリー乗車券入手のこと)。
http://www.tokyu.co.jp/information/list/Pid=post_1.html
知ってれば、この日こちらのコースで行ったのですが(^_^;)。
途中目印庚申塚?
案内告知版。
この建物は違いますけれど目印に左に向かうと建物が見えます(久が原駅から来ると正面の細い道から手前に)。
高野さんの展示は2階の四畳半ほどのスペースに、20点ほどの表紙含むマンガ作品原画と、何やら構想中のものとラフ絵の展示。カラー絵は見ることもなかったので、新鮮。置かれた単行本の絵と比較してしまった。
(この楽書館サイトのトップの絵も子どもと昭和っぽいので展示して欲しかったけど・・・(^_^;))
1階では、グッズ?手ぬぐい、ペーパークラフト。
火打ち箱(前編)の紙芝居仕様(一人で虚しく試したりして)。
お茶(どくだみ+柿の葉茶)なぞいただきながら。
館長さん?と昭和の世間話など聞かせて頂いていると雨が降り出しこの場を去ることにする。

◆「昭和のくらし博物館」
http://www.showanokurashi.com/
今回伺うのは2回めですが、多少展示の様子が違っていました。開けてもいい引き出しとか、いろいろ、子供の時にもどったように探索してきました。
sinanomati
もう昨日ですが。「アートコンプレックスセンター」での展示を見に行く。
http://www.gallerycomplex.com/
夜想ゆにこさんから、案内のはがきを頂いたので行ってきました。ちょっと不気味さを含んだかわいい系の絵で、うさぎのキャラは印象に残りました。
アートコンプレックスセンターは幾つものギャラリーが入っていて(けっこうイラスト系が多い)、覗いてきました。
絵画ですけどその一つ、広いギャラリーでは、關 可奈子さんの個展でキャンバスに日本画?ということで面白い味のある効果だなあと思いました。マニュキアで描いた絵もありましたけど。
ginnza
昨日、「香港ミニチュア展」(東京駅駅前ビル)のあと、歩いて10分ほど、スパンアートギャラリーへ。ご家族で迎えてくださいました。
展示は、カラーイラストに、生原稿たくさん(しっとり絵も良いのですが明るい笑顔が元気になっていいですね)。グッズもの。
永野さんは複製原画購入者にに希望の絵を描いてくださるという、そんな対応で忙しそうでした。

◆永野のりこ個展 「世界の彼方果てまでも-同行する肖像(icon)-」
◎2017年10月5日から10日まで。
◎スパンアートギャラリー
http://www.span-art.co.jp/exhibition/201710naganonoriko.html
↓永野さんのサイト「さいはての石の下のアレ」
https://naganoare.wordpress.com/
「一家そろってウクレレ&ソングライブ」予行演習されてまして、本番は今日6日(17:30~18:30 )。この時間狙って行くべきだったかな。

ギャラリーの外、有楽町駅方面の空。昨日の空は実に秋空。うろこ雲やら壮観でした。夕焼けになれば・・・と期待したけれど残念ながら色付きませんでした。

足の丈夫な方は、傾向違うけれど「香港ミニチュア展」とハシゴしてみたらと思ったりして。
hongkong
◆香港ミニチュア展
◎会期:開催中~10月9日(月・祝)
◎会場:KITTE marunouchi 1階アトリウム
◎開催時間:午前11時~午後9時
http://www.hketotyo.gov.hk/japan/jp/miniature/

※どれがお気に入りって、どれも素晴らしい。全28点でしょうか、カメラにおさめてきました。

10/04: 中秋2017

null
秋っぽいですね。日も陰れば寒いです。季節にあった服装をせねば・・・。
近所の広場からスカイツリーが見られることを今日発見した。
一応、今日の月(どうせちゃんと取れない)。
birthday
検索すれば、今日は「ドラえもん」のお誕生日だそうで・・・。
生まれた時は耳があったと思うけれど。
2112年9月3日誕生。
「エイリアン・コヴァナント」の背景年から8年後かぁ。
kitijyouji
部屋の整理をしていたら、
『はやぶさQ』吉田竜夫(案/丸山健二)講談社「ぼくら」1961の付録が出てきて(古本で買ったものだけれど)・・・う〜んこれは行かねばと、 吉田すずかさんの展示へ向う(娘さんとういのはこの展示会で知ったのですが)。
展示作品等は、池袋で開催された「タツノコプロ55周年」の彼女の作品が中心なのでしょうか・・・僕はこの展示会に行けなかったので見られて良かったのですが。可愛い色使いの可愛い絵柄(アニメ畑の方?なのでああいうメリハリのきいた絵になるんでしょうか)が素敵でした。他にタツノコヒーローキャラも描かれていていました(ちょっと優しい感じ)。複製画も絵が良いのか綺麗でした(最近の印刷技術hすごいね)。他、たくさんグッズもありました。
◆『タツノコプロ55周年記念 吉田すずかの世界展』
◎「リベストギャラリー創」
◎開催中~10/11(水)12:00~18:00

★この展示会は「吉祥寺アニメワンダーランド2017」の一環ということで他に色々開催中開催中!
http://www.kichifes.jp/wonderland/home.html
nekonohitai
◆ 茶柱立太個展「猫妖怪大集合」
◎~10月4日(水)まで。
◎高円寺/[猫の額」の一画。
http://www6.speednet.ne.jp/nekojarasi/
※完成していなかった看板の猫ぬりかべ/ぬりかべ猫?を見に行ってきた。
ちっちゃな立体もの少し増えていました。あと、コースター絵が増えてます。
1枚購入。現場にて実演でコースターに絵を描くとおっしゃっていたので、ずいぶん絵入りコースターが増えてることと思います。
猫好きの方はもうご存知かと思いますが、「猫の額」は猫だらけです。
aoyama sibuya
ビリケンギャラリーへ
漫画家つげ義春氏公認のつげ義春トリビュート展
◆「拝啓つげ義春様」
《前期》2017年9月30日(土)~10月15日(日)月曜休み
《後期》2017年10月21日(土)~11月5日(日)月曜休み
◎ビリケンギャラリー
http://www.billiken-shokai.co.jp/billiken_files/gallery/gallery_index_flame.html
※〈前期〉〈後期〉合わせて60人近くの出展者。その半分の人の展示。
こういった展示会は、クリエーターがどんな作品に興味を持って作品を描き出すか楽しみですね。「ねじ式」とかに集まってしまうと面白味に欠けるかもしれないけれど(そんなことはないとは思うけど)今回、バラエティに富んで面白く見られました。眺めていると無性につげさんの漫画作品が読みたくなりますね。後期が楽しみですね。
※トリビュートと言えば言い方は違いますけれど
◇「手塚治虫しばりのコラボ・マーケットフェス、『手塚治虫文化祭』通称キチムシ」(11月2日〜)が今年も開催されますね。
http://tezukaosamu.net/jp/news/i_444.html

その足で渋谷駅を通り越して、◎GALLERY X BY PARCOへ。◆「大友克洋から『カウボーイビバップ』まで マッハ55号の20周年展」へ。
https://www.cinra.net/news/20170922-mach55go
※この日(30日)までと勘違いしてたけれど今日10月1日(日)まででした。「マッハ55号」というデザインチームが20周年ということで記念の展示会。よくは知らないのですが、扱っている作品が馴染みのあるもので見に行ってきました。誰のデザインかとか把握するのは難しいしチームということだし、なんとなく雰囲気だけ感じ取ってそれぞれのデザインを楽しんでできました。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 257 | 258 | 259 || Next»
 
このサイトの画像の権利はすべて楽書館及び作者にあります。
無断使用転用改ざんを禁止します。