るてんの日々--楽書館主宰水野流転の日記

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 234 | 235 | 236 || Next»
nakanoe
春っぽく?
あ、右は桜じゃないけど。
青空だし、風もなく暖かいし・・・でもでも花粉が怖い。
syoukouen
結局降られなかったけれど、夕刻になると急に寒くなる。
この温度差は何なんだ・・・。体調崩すぞ。
sansaku
いやあ、寒かったですね〜。
右は桜ですが、まだまだ蕾です。
kianu
最近見た「ドラキュラ」でキアヌ・リーブス、「スピードレーサー」のウォシャウスキーということで・・・ウォシャウスキー姉妹(当時兄弟)の作品を見る。
◆『マトリックス』(1999)
◆『マトリックス リローデッド』(2003/5)
◆『マトリックス レボリューションズ』(2003/11)
スタイリッシュな映像は、公開当時話題になりましたね〜。技術は進歩しビジュアルも進化し過剰とも思える最近の3D映像ですが、演出的に今も飽きさせないように思います。

◆「アニマトリックス」(2003/6)9編のオムニバス短編アニメ。
人間とロボット(AI)対立がこの世界の元になっているんだ・・・とこの世界設定がわかる?
各作品、好みはいろいろでしょうがチカラ入ってます。

「マトリックス」のリブート作品が企画されているそうですが、さてどんなものに・・・。
kouen
桜の花はまだまだですが・・・。この花のあるいつも行く公園は賑やかでした。
kaiyodo
『ミュシャ展』開催中ですが、並ばなくて見られるなら行ってみたいな。
http://www.mucha2017.jp/
ミュシャは通過儀礼のようなもので、アールデコ、アールヌーボー好きでしたら外せない。
そういえば・・・と、海洋堂の『アルフォンス・ミュシャ フィギュア ミュージアム』(2004)を引っ張り出してきて鑑賞(^_^;)。
とにかく、立体にしたのがすごいよいね。
akira
今日は黒澤明さんのお誕生日。
何か見ようか、と思ったけれど手持ちのソフトをあまり持っていない。
(LDでほぼ揃えたんだけれど、処分して今はなくて、数枚のDVDしか持っていない。)
「生きる」あたりにしようかとおもったけれど・・・見返していないこの作品を見てみた。
◆『夢/DREAMS』黒澤明(日/米1990)
ファンタジーというかSF?というか、夢ですからかなりの自由に作品は作られていてるオムニバス作品。前に見た時よりは面白く興味深く見られました。ビジュアル的な印象は変わらないのですが、「日照り雨」、「桃畑」は美しいし、ゴッホに絵の中で会う「鴉」はシンバシー?を感じる。「赤冨士」は原発爆発の話だったんですね(忘れてる)、それにつながる「鬼哭」の地獄的ディストピアは何故にこのようなことに・・・と思ったり、ラストのユートピア的な「水車のある村」も何か怖い感じがした。夢は怖いものが多いと思うけれど、一番印象に残った夢に見そうなのは「トンネル」でしょうか。黒澤さんが80才の時の作品ということで、まだまだ若造の僕にはこの作品の境地にはたどり着けないし深く読み取ることは出来ないのかもしれない・・・(基本体験が違うのだけれど)。

添えたフギュアは、海洋堂のものと思われますが撮影中?の黒澤明。似ているかはともかくよく出来ている(ルーペで見ても耐えられる)。この黒澤監督、シナリオ台本を持っているんだけれど、文字も気持ち読めなくもない。何の映画を撮っている所なのだろう。
monster
ユニバーサル・モンスターズのリブートの映画が次々と公開されるらしい。
その一作目が『The Mummy/ミイラ再生』
https://www.youtube.com/watch?v=plIndObcoZM
というわけで、元の映画「ミイラ再生」(1932)を見てみた。
こんな映画だったのかというのが印象で、包帯男が歩きまわる映画じゃなかったんですね(他のミイラ映画の印象からかもしれない)。人を操ったり呪い的な能力を持ったミイラの話でした。今見れば地味な映画ですけれど、ボリス・カーロフの演技のせいでしょうか印象度は高かった。
今度公開される、トム・クルーズの映画は。ハデハデっぽい今風な話のようですが、ホラー系で作って欲しかった気もしますけれど・・・。
ユニバーサル・モンスターズのリメイク映画たくさん出来ているけれど、「半魚人」もリブートするとすればちょっと楽しみかな。
メタルーナ・ミュータント(宇宙水爆戦)は登場しないのかな・・・。
gary
◆『ドラキュラ』 フランシス・フォード・コッポラ監督(1992)
ゲイリー・オールドマン、ウィノナ・ライダー、アンソニー・ホプキンス、キアヌ・リーヴスといった主役級の役者さんが出てたんですね?。トム・ウェイツが出てたのは思い出したけれど・・・。
劇場で見てるし、このDVDを買った頃見てるのだけれど(15年位前?)映像だけは蘇ってくるけれどストーリーラインは忘れている。原作を読んだのも随分前のことなのでもう覚えていないのですが、原作に忠実らしい。ドラキュラ映画もたくさんあって、古典の映画ももう内容の記憶が定かでない(画像フィギュアは「魔人ドラキュラ」ベラ・ルゴシ?)。
何かキッカケがないと見ないもので、今回はゲイリー・オールドマンのお誕生日ということで、見てみました。「レオン」とか「フィフス・エレメント」にしようかと思ったけれど、購入時以後見返していないこの作品に。
コッポラは好きな監督なので(映画的/映像的?)見ていてあきない。面白かったので最近の作品は(この作品以降)見ていないので見てみたい気にさせてくれた。
ゲイリー・オールドマンも好きな役者さんですけれど、主演よりは脇で光る人なんでしょうか?そちらのほうが印象に残っている。上記ベッソン監督の2作とか、その後特出した演技を見せてくれているんだろうか(「バットマン」やら地味だったけれど、良い人演っちゃいけませんよね(^_^;))。
カテゴリー:るてんの日々
投稿者: ruten
kaika
暖か過ぎる。
蕾、和らぐ。
でも、明日はまた寒いそうな・・・。

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 234 | 235 | 236 || Next»
 
このサイトの画像の権利はすべて楽書館及び作者にあります。
無断使用転用改ざんを禁止します。