るてんの日々--楽書館主宰水野流転の日記

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 339 | 340 | 341 || Next»
カテゴリー:るてんの日々
投稿者: ruten
ハシゴしました。
hasigo
◆『第6回キャラクターアート展』
◎2019年11月28日(木)から12月10日(火)
 11時から18時(日曜休み)
◎市ヶ谷/山脇ギャラリー
https://www.excite.co.jp/news/article/AnimagePlus_anime_29133/

◆『ヒロタサトミ個展「サラは夢の中」』
◎11/16(土)~12/1(日)月火休
◎ビリケンギャラリー
https://twitter.com/BILLIKENSHOKAI/status/1186853981298909184

◆『AKIRA ART OF WALL
Katsuhiro Otomo × Kosuke Kawamura AKIRA ART EXHIBITION』
◎PARCO MUSEUM TOKYO(渋谷PARCO 4F)
 2019/11/22(金) 〜 12/16(月) 10:00〜21:00
 GALLERY X(渋谷PARCO B1F) 2019/11/22(金) 〜 12/8(日) 11:00〜21:00
 ※両会場、最終日は18:00閉場 
 ※PARCO MUSEUM TOKYOの入場は各日閉場の30分前まで
◎1000円
https://art.parco.jp/galleryx/detail/?id=300
カテゴリー:るてんの日々
投稿者: ruten
kitijyouji
◆「上條淳士『イヴ』展」
◎2019年11月23日(土)開催中~12月4日(水)
 開廊時間:12:00から19:00 (最終日は17:00まで)
◎吉祥寺/リベストギャラリー創
http://www.libestgallery.jp/kamijyo/eve2019.html
※鉛筆画でしょうか、最新作?柔らかい感じでステキでした。
女性がいっぱい。

アップリンク吉祥寺(劇場小さい)にて、映画を見る。
◆『ハード・デイズ・ナイト(「ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!」)』リチャード・レスター監督(英1964)
※タイトル変えて公開だったんですね。当時ビートルズのプロモーション映画だとは思うけれど映像が綺麗(デジタルリマスター版)で、なんかクリアすぎて若き4人が不思議な感じで息づいいている。可愛く見えて、当時人気の程に、なるほどと思ったり・・・先に音楽ありきだけど。
一番前で見るが、かなり見上げる感じ、ですが腰は痛くならなかった。上映時間が短いせいか。

11/26: 反射板?

kamisyakujii
上石神井で電信柱の下の方に少女らしき横顔をいくつも見かけた・・・。
これは、飛び出し注意の自動車への警告のしるしなのだろうと推測するが・・・初めて見た。
kowai
見かけぬ蜘蛛で、なんか怖い。
comitia
一夜を通した引っ越しがありまして、雨上がりのお昼に出かけました。
到着した1時半ころには、入場フリーになっていたようです。
餞別をと、いろいろ本をいただきました。
ありがとうこざいました。
カテゴリー:るてんの日々
投稿者: ruten
satoo
似顔絵を描いてみました。
エッセンスが似ませんね(^_^;)。
〈ある日の巴里夫さん〉
birthday
マグリットの岩の上に館があって、その岩が空に浮いている絵のインパクトは大きかったなあ。
他に有名そうな絵しか頭に浮かんで来ない。
最初はマグリットを真似てみようかと思ったけれど・・・。
〈インターネットの幻想〉

11/20: 日没

samui
日が暮れるのが早い。寒い。
ao
雨上がって青空。
暑いくらい。黄色や小さな蝶がまっている。
(元気なのでシャッターチャンスを逃す)
実と花。
昨日参加◆『世界のマンガについてゆるーく考える会#16』※今年最後。
manga
ゲストにカナダのルネ・ノールトさんのお話があり盛り上がりました。
『The Handmaid's Tale』The Graphic Novel, signed by artist Renee Nault ※画像はそのサンプル。
原作はマーガレット・アトウッドの1985年の評価の高いデストピアSF小説「侍女の物語」。
このタイトル聞いたことがあるなあと思ったら、TVドラマ化されていて、予告を見たことがあったからだ(見てはいないけれど)。
ここでは、そのグラフィック・ノベル版を描いた
https://www.reneenault.com/
Penguin Random House Canadaから今年の3月に発売されたようで、その作品のビジュアル面での成り立ちなど中心に話されました。
質問コーナーも的確で良く楽しい時間を過ごせました。

イラストを描いていた人がマンガを描くということは・・・に興味がありました。
フルカラーということで、その色使いで効果をみせるとか、ペンや筆・小枝まで使って描く、インクに砂や洗剤を混ぜたりとか、いかに思った効果が出るかチャレンジするのは、イラストレーターならではかと思った。
鉛筆での下描きを何度も描きなおしてコマ割等を完成させていく段階が嫌いだと言っていましたけれど、案外それもイラストレーター的な想いかも、ページ数多いからね(2年がかりでしたっけ?)。まわりにマンガ/グラフィック・ノベルを描く人教わる環境がなかったので独学だったとか・・・。いろんなマンガやグラフィック・ノベル/コミックの影響はあるとのこと。
読んでいないので、内容については原作との比較含めて出来ないけれど、日本での出版も動いているようで実現していただきたい。
僕は、会場に置かれた『witchilng』(ルネ・ノールト)をまずは最初に邦訳で呼んでみたいと思った。好きなモノだけを盛り込んだというという作品に興味を持ちました。グラフィック・ノベルだなという感じの綺麗な絵にシンプルなコマ割り・・・絵で見せる。・・・けど売れなさそうだ(^_^;)。

いつも思うけれど、海外マンガの作品の多さに圧倒される(日本の漫画のほうがその何倍も多い?)。当然国の数だけマンガは発表されて居るのかもしれないし(日本の漫画表現に影響されて市場も増えているかもしれない)、描き手/作品も厳選されて邦訳されているんでしょうが、まだまだ、な感じなんでしょうね。絵柄的に美本の人に受け入れられないものの多そうだし。

原さんらが海外マンガの邦訳しようと動いているようです。「サウザンコミックス」というレーベルを立ち上げるプロジェクト(クラウドファンディングで)
https://twitter.com/MasatoHARA/status/1194931380829868032
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 339 | 340 | 341 || Next»
 
このサイトの画像の権利はすべて楽書館及び作者にあります。
無断使用転用改ざんを禁止します。